(2) 会員処理

   

1 変更が無かった場合
  
の処理

2 新入会員があった
  
場合の処理

3 退会者があった
  
場合の処理

4 会員の情報に変更が
  
あった場合の処理

5 再入会があった
  
場合の処理

6 転籍があった場合
  
の処理

7  家族会員の入退会処理

【お断り】 掲載している画像からクラブコード・会員氏名と番号など個人識別コードは消して空欄にしてあります

1 変更が無かった場合の処理

  1 WMMRにログインする。 ログインはクラブ会長、幹事。
  2 「会員」メニューを選択する。 会員ページが開く。
  3 詳細メニューより「会員報告に変更がない場合は、こちらをクリックして下さい。」を選択する。
  4 報告完了が表示される。「OK」をクリック。
    以上で月次報告処理は完了です。

  5 参考図  報告月: 
毎月報告資料該当月と打ち込みの月は異なります。間違えないで下さい   
   
    注意: a)2008年4月分よりその月の月末日が、オンライン報告締切日になります。
         b)
報告を用紙でFAXまたは郵送する場合は、報告がその月の20日必着になります。
          今回の期限変更により、現実には郵送は無理と思われるので、オンライン報告してください。



2 新入会員があった場合の処理

 1 WMMRにログインする。 ログインはクラブ会長、幹事。
 2 「会員」メニューを選択する。 会員ページが開く。
  * 他の会員処理を行なった後に続けて処理する場合は、上記1、2処理は不要です。
 3 「追加」メニュー(会員の追加)を選択する。 不活動会員検索ページが開く。
 4 検索ウィンドウの 前会員/寄付者のボタンの「NO」をオンにする。
   「提出」をクリックする。基本情報入力ページが開く。
 5 入力各に入力する。
  *印欄は必須入力項目で、必ず入力する。半角英数字大文字で入力する。
  最初に「国」を入力、ポップアップメニューより「日本」を選ぶ。
  入会日は必ず報告月内で無ければならない。
 6 基本項目が入力完了したら、スポンサータグまたはスポンサー検索ボタンをクリックする。
  スポンサー入力ページが開く。
 7 スポンサーが自クラブ内の場合は検索画面より該当会員を選び選択、「追加」をクリックする。
  または、会員w刀@に スポンサーの会員b入力する。
  スポンサー他自クラブの場合はスポンサークラブaAスポンサー会員b入力する。
 8 「提出」をクリックする。
 9 新入会員は登録され、新入会員名、会員bェ発行され、画面に表示される。
  以上で新入会員登録処理は完了です。
 10 他の処理がある場合は他の処理メニューを選択する。

 



3 退会者があった場合の処理

  1 WMMRにログインする。 ログインはクラブ会長、幹事。
  2 「会員」メニューを選択する。 会員ページが開く。
    * 他の会員処理を行なった後に続けて処理する場合は、上記1、2処理は不要です。
  3 「除籍」メニュー(会員の除籍)を選択する。 除籍/要約一覧向け選択ページが開く。
  4 一覧表より該当会員のIDを選択してクリック、または会員bノ該当会員の番号を入力し検索ボタン
    をクリックする。 除籍理由入力ページが開く。
  5 除籍理由を選択する。 
  6 「除籍」をクリックする。
        除籍/要約一覧向け選択ページに戻る。
        該当会員は一覧表の除籍として表示される。
     以上で退会会員登録処理は完了です。
  7 他の処理がある場合は他の処理メニューを選択する。

 




4 会員の情報に変更があった場合の処理

  1 WMMRにログインする。 ログインはクラブ会長、幹事。
  2 「会員」メニューを選択する。 会員ページが開く。
    * 他の会員処理を行なった後に続けて処理する場合は、上記1、2処理は不要です。
  3 「更新」メニュー(会員の更新)を選択する。 会員を選択ページが開く。
  4 一覧表より該当会員のb選択してクリック、または会員bノ該当会員の番号を入力し検索ボタンを
    クリックする。基本情報入力ページが開く。
  5 変更該当項目を全て更新する。
    *印欄は必須入力項目で、必ず入力する。半角英数字大文字で入力する。
    郵便番号が必須項目となっているので、入力する。
  6 「提出」をクリックする。     
    以上で更新処理は完了です。
  7 他の処理がある場合は他の処理メニューを選択する。




5 再入会があった場合の処理

  1 WMMRにログインする。 ログインはクラブ会長、幹事。
  2 「会員」メニューを選択する。 会員ページが開く。
    * 他の会員処理を行なった後に続けて処理する場合は、上記1、2処理は不要です。
  3 「復籍」メニュー(会員の復籍)を選択する。 復籍対象を選択ページが開く。
  4 該当会員のID番号の前にチェックサインを付ける。 「選択した会員を再入会させる」をクリックする。
    復籍確認一覧表が表示される。
  5 確認のうえ「復籍の再確認」をクリックする。
    以上で再入会処理は完了です。
  6 他の処理がある場合は他の処理メニューを選択する。

 



WMMRの操作の注意点  誤処理した場合

誤処理した場合を見て下さい




6 転籍(転入)があった場合の処理

   ※日本のクラブ必携や役員必携では転籍と称していますが、WMMRでは転出・転入を
     用いています。何れも同じです。
     この作業は最初に、相手クラブの転出作業が完了していることを、確認して下さい。

  1 WMMRにログインする。 ログインはクラブ会長、幹事。
  2 「会員」メニューを選択する。 会員ページが開く。
    * 他の会員処理を行なった後に続けて処理する場合は、上記1、2処理は不要です。
  3 「移籍」メニュー(会員の移籍)を選択する。 除籍会員検索ページが開く。      
  4 除籍会員検索ページの各項目に入力する。 姓は必須項目なので必ず入力する。
  5 「アシスタンス」をクリックする。 移籍確認アシスタンスページが開く。
    各項目について出来る限りの情報を入力する。
  6 除籍会員検索ページをクリックする。
        国際本部に移籍確認アシスタンス情報が送られ、移籍処理が行なわれる。
        国際本部において移籍の確認処理が完了次第クラブ当てに連絡が来る。
     以上でWMMRでの移籍処理は完了です。
  7 他の処理がある場合は他の処理メニューを選択する。




※退会者の検索



6の2 他クラブへ会員を転籍(転出)させる場合の処理

・日本のクラブ必携や役員必携では転籍と称していますが、WMMRでは転出、転入を用いており、何れも同じです。

・この作業は最初に、相手クラブの受け入れを、確認して下さい。

受け入れクラブの同意を得ずに、手続きを行わないよう注意が必要です。

  1 WMMRにログインする。 ログインはクラブ会長、幹事。
  2 「会員」メニューを選択する。 会員ページが開く。
    * 他の会員処理を行なった後に続けて処理する場合は、上記1、2処理は不要です。
  3 「退会」メニュー(会員の移籍)を選択する。
  4 退会理由の中から「除名 依願転出」を選ぶ。
  5 
現在はこの「除名 依願転出」の字句が、英文でドロップとあるのを除名と翻訳しているので、
    適切な字句への変更を申し入れています。
例えば「除籍 他クラブ転出」等。
    
特にこの件は、会員の会費二重払いを起こす恐れがありますので、重要な項目です。
  6 各項目について出来る限りの情報を入力する。
        国際本部に移籍確認アシスタンス情報が送られ、移籍処理が行なわれる。
        国際本部において移籍の確認処理が完了次第クラブ当てに連絡が来る。
     以上でWMMRでの移籍処理は完了です。
  7 他の処理がある場合は他の処理メニューを選択する。





・・・・・kazoku・・・・・

7 家族会員の入退会処理
 添付の、本部からの家族会員入力方法を見て下さい。 ⇒⇒⇒ プログラムの本部PDF版こちらから
 ※家族会員の世帯主が退会した場合、残る家族会員は規定の家族から通常の正会員になります。
  
・処理法は、先ず家族会員の指定を外して後、世帯主の退会処理を行います。




■会員資格の新しい制度
・2007年1月度よりみなさんの家族を、ライオンズクラブの会員として入会していただくため、新しい制度が発足しました。
・家族としての証明があれば、4名までは入会費が免除されます。**詳しくはこちらから

・家族会員の国際会費は半額です。

家族会員 家族会員の登録方法 2007年1月よリ施行
1.新会員
オンライン家族会員登録方法(新会員を家族会員として登録する場合)

二人目以降(2〜5人目)の家族会員の入会費が免除されます。

1. 一人目家族会員が既存の会員の場合には、まず最初にその会員を家族会員一人目(世帯主)として登録してください。オンライン家族会員登録方法(既存の会員を家族会員として登録する場合をご参照ください。
2. 新入会員を報告する際、会員基本情報ページにある「家族会員ですか?」の「はい」に印を付けます。
(このように新入会員を報告する際に同時に家族会員として報告しなければなりません。「いいえ」にして保存しますと、普通の新会員として登録され、入会費及び国際会費全額が自動的にクラブ口座に請求されてしまいますので、ご注意ください。クラブ口座への返金処理は一切行われません。)
3. 「家族会員」タブまたはボタンをクリックし、新会員の家族会員情報ページを開きます。
4. この新会員を家族会員一人目(世帯主)として登録したい場合には、「家族会員一人目/世帯主:」の右隣にあるボックスをクリックし、印を付けます。二人目以降の家族会員の場合には、このボックスをクリックしないで下さい。
5. 「世帯主氏名:」の右隣にあるドロップダウン・メニューから世帯主(家族会員一人目)の氏名を選択します。
6. 「世帯主との関係」、「家族関係確認に用いた証明書」、「同居確認に用いた証明書」もドロップダウン・メニューから選択し、生れた年(西暦)を入力します。
7. 最後に、必ず「会員情報の保存」ボタンをクリックします。

上記の通り入力しますと、2007年1月入会者から、二人目以降(2〜5人目)の家族会員の入会費が免除され、国際会費が半額となります。
新会員を同時に家族会員として登録した場合には、改めて「クラブ」のページにある「家族会員」のリンクで登録する必要はありません


2.既存の会員
オンライン家族会員登録方法(既存の会員を家族会員として登録する場合

(注意:新会員の場合は、「オンライン家族会員登録方法(新会員を家族会員として登録する場合)」をご参照ください。)

既存会員の場合、2〜5人目の家族会員として2007年1月1日から6月30日までの本年度、後半期国際会費が半額となる為には、2006年11月30日までに家族会員として登録する必要があります。この締切日以降に登録した場合には、2007年7月1日から12月31日までの次年度の上半期国際会費から半額となります。
まだ家族会員一人目を登録していない場合

1. 「クラブ」をクリックします。
2. 「家族会員」をクリックします。
3. 「新しい家族会員世帯を登録する:」の右隣にある「新規」ボタンをクリックします。
(注意:一世帯ごとに入力します。違う家族会員世帯を登録するには、一世帯の入力が終わってから、改めて入力します。)
4. 家族会員一人目(世帯主)として登録したい会員名の左にある「世帯主」ボタンをクリックします。家族会員一人目(世帯主)は一名だけ選択します。こうして世帯主を選択することにより、この会員の「世帯主」ボタンと「家族会員世帯に加える」ボックスに印が付き、「関係」欄には、「世帯主(家族会員一人目)」と自動的に入力されます。
5. 家族会員一人目の「家族関係確認に用いた証明書」と「同居確認に用いた証明書」のドロップダウン・メニューから該当する項目を選択し、生れた年(西暦)が入力されていない場合には入力します。
6. 次に、この家族会員世帯に加えたい会員名の右隣にあるチェックボックスにチェックマークを入れます。追加でこの家族会員世帯に加えられるのは、4名までです。(一世帯につき、合計5名まで)
7. チェックマークを入れた家族会員全員の「証明書確認」の各欄にあるドロップダウン・メニューから該当する項目を選択し、生れた年(西暦)が入力されていない場合には入力します。
8. 「保存」ボタンをクリックします。


家族会員一人目(世帯主)が既に登録されている場合(家族会員をその世帯に加える場合、または家族会員を取り消す場合)
1. 「クラブ」をクリックします。
2. 「家族会員」をクリックします。
3. 「家族会員情報を更新するには、世帯主を選択して下さい:」の下に表示されている世帯主(家族会員一人目)の右隣にある「更新」ボタンをクリックします。
次の画面には、上部に世帯主(家族会員一人目)が表示されています。
4. この世帯に家族会員を加えるには、まず画面の下方にある会員リストの中からこの世帯に加える家族会員の会員名を見つけ、会員名の右隣にある「家族会員世帯に加える」ボックスにチェックマークを入れます。
5. 「証明書確認」の各欄にあるドロップダウン・メニューから該当する項目を選択し、生れた年(西暦)が入力されていない場合には入力します。
6. 最後に、「保存」ボタンをクリックします。

後でこの画面を開くと、この世帯に加えられた家族会員が世帯主(家族会員一人目)の下に表示されます。

誤って「家族会員世帯に加える」ボックスにチェックマークを入れてしまった場合、または家族会員として登録した後に家族会員ではなくなった場合(取り消したい場合)は、「家族会員世帯に加える」ボックスのチェックマークを取り除くことができます。チェックマークを一度だけクリックしてしばらく待ちますとチェックマークが消えます。
最後に、必ず「保存」ボタンをクリックして下さい。

誤って「世帯主」ボタンに印を付けた場合も、「家族会員世帯に加える」ボックスにあるチェックマークをクリックすれば、チェックマークと共に世帯主の印も消えます。


3.入退会処理
と会費 .
新入会員を家族会員として登録する場合の注意事項
(本プログラムの入会費免除対象になるのは、2007年1月入会者からです) 

新入会員を家族会員として登録するには、新入会員として報告する際に、同時に家族会員として報告しなければなりません。

 ・ オンラインで新入会員を家族会員として報告する場合
   注意:一人目家族会員が既存の会員の場合には、まず最初にその会員を家族会員一人目(世帯主)として登録する必要があります。新入会員を家族会員として報告する際に、必ず、会員情報ページにある「家族会員ですか?」の「はい」に印を付け、その会員の家族会員ページに必要事項を入力します。

 ・ 紙面で新入会員を家族会員として報告する場合
   必ず、月例会員報告書に家族証明用書式を添付しなければなりません。

上記を行うことにより、2007年1月入会者から、最初にクラブ口座に請求される際に、二人目以降(2〜5人目)の家族会員の入会費が免除され、月割計算された国際会費が半額になります。(それ以降の国際会費も半額です。)

注意:同時に報告しない場合には、普通の新入会員として登録され、それと同時に、入会費及び月割り国際会費全額がクラブ口座に請求されてしまいます。同時に報告しませんと、オンラインで家族会員として登録または家族会員証明用書式をご郵送頂いても、クラブ口座への返金処理は一切行われません。この場合には、入会費は免除されず、国際会費が半額になるのは、次回の会費半期分請求期間からとなります。

太平洋アジア課 hr

■家族会員の世帯主が退会した場合、残る家族会員は規定の家族から通常の正会員になります。
  処理法は、先ず家族会員の指定を外して後、世帯主の退会処理を行って下さい。

世帯主を取り消す方法
・取り消したい世帯主の右側にある「更新」ボタンをクリック
・まず、この世帯の二人め以降家族会員の全員のチェックマークを取り除き、「保存」ボタンをクリック
・二人目以降の家族会員を全員取り消してから、世帯主の「家族会員世帯に加える」ボックスにあるチェックマークをクリックすると、チェックマークと共に世帯主の印も消えます。
・「保存」ボタンをクリックして終了します。






最初のページへ戻る

クラブ処理 へ

Indexへ戻る