INTERNET COMMITTEE
初版 1998年

 


 Multiple District 335 ライオンズのためのガイドブック


.
1998〜99年度
国際会長
カジット・ハバナナンダ
■1998〜99年度国際会長プログラム・インターネット関連部分の抜粋・参考添付

 自分たちの地域社会独特の活動の外に、協会がライオンズのために企画する活動やプログラムについても学ぶようお願いする。
 ライオン誌その他の出版物を注意して読む決心をしよう。インターネットが使える場合には、国際協会のホームページである
http://www.lionsclubs.org/JA/index.shtml を尋ねよう。
このページには、ライオンズクラブ国際協会とそのプログラムについて、常に最新の情報が掲載される。
..In addition to the activities which may be unique to your own community, I urge you and your club to become familiar with the activities and programs developed for them by the association. Resolve to thoroughly read THE LION Magazine and other regular publications. If you have access to the Internet, visit our Home Page regularly. Located at http://www.lionsclubs.org, it is being constantly upgraded and expanded to provide the very latest information about Lions Clubs International and its programs.
1998〜99' by Kajit "KJ" Habanananda President
インターネットに関する事項は改定部分があれば情報を得次第、ページ毎に記事の改定を行ないます。
 




The International Association of Lions Clubs 



【第一章】 基礎編

プロローグ

 インターネットが商用利用され世界はIT時代となりましたが、広範なニュースソースとして、インターネット関係記事がテレビや新聞を賑わしています。

 新しい機器の開発、情報の検索や伝達の速さ、株式売買や銀行取引、ショッピングニュースその他実用化されたインターネット情報が、世界を駆け巡っています。 インターネットを使った新しい形の犯罪も発生し、大きな社会問題も提起しています。

 ライオンズ国際協会ではこうした状況の中で、インターネットの持つ通信手段の有効性を柱として、事務処理のスピード化や合理化、省資源化による環境保護と経費の軽減、情報公開と双方向通信など多くの利点に着目し、組織的に取組んでいます。

 2001年7月よりみなさんが国際協会と、マンスリーレポートや国際会長と直接通信する環境になりました。全てのライオンが正しいライオンズ知識を速やかに共有することは、今より一層高度の指導力育成に連結します。 早い期間にクラブ相互間のネットワークも広がり、広くアジアや世界のネットワークも構築されるでしょう。

 “インターネットに何が出来るか”ではなくて、ライオンズのノウハウ均等化も含めて「インターネットに何をやらせるか、有効に使う研究」を、我々自身が開発しなければなりません。 これから想定される大規模自然災害に対応するネットワーク作りも、その一つの発想です。 他クラブとの友好関係も、より密接となることでしょう。入手する情報への価値観も生まれます。

 インターネットを利用した犯罪も枚挙にいとまがありませんが、学校教育を始め日常生活の中にも確実にインターネットが入り込んでいる現在、この種の情報の取扱いに理解度を高めるためにも、必要な学習となるでしょう。
 
ライオンズクラブ国際協会日本語版ホームページ 335複合地区のホームページ



国際協会 ホームページ
左のシンボルマークは、2008-9年度に新たに国際理事会が追加採択したマークです。
使用は何れでも自由ですが、一般的には新マークを使用しています。



ライオンズクラブ国際協会日本語版はこちらから
国際協会ホームページは現在英語を含めて11ヶ国語です。

【2000年第4回国際理事会議事録抜粋】
The use of Internet technology is critical to the association's future growth.
インターネット技術の使用は、協会組織の未来の成長に不可欠です。

The District and Club Service committee is considering adoption of a Technology Chairman position at the club,district and multiple district levels.
「複合地区・地区及び単位クラブに情報テクノロジー委員長(インターネット委員会・IT委員会)を設置すること」

We also recommend that a standard article be drafted on the use and benefits of e-mail and distributed to all district and multiple district for publication in their respective newsletters and bulletins.
我々は一般的な記事が電子メールを用いて、それぞれのニュースレターや広報の発行のためにすべての地区及び複合地区に配られることを勧める。

A simple course available on the web page could be beneficial in explaining how to use the technology.
このことについてどのように技術を使うべきかを説明すると、利用可能な単純なコースである Web ページが有益であることが分かった。

Additionally, we recommend that the club officers' manuals include information on the use of electronic communications.
さらに我々はクラブ事務局員のマニュアルに、電子通信の使用に関する情報を含むことを勧める。

【この項2001.3.22.挿入】 フランク・ムーア国際協会第一副会長よりの書簡
関係する文書
 新技術の急速な発展は、世界隅々にわたって日常生活のあらゆる面に影響を及ぼしており、ライオンズクラブ国際協会は、デジタル世界の主流から外れることはできない。国際理事会は最近、各クラブ、地区、複合地区における「情報テクノロジー委員長」の役職を承認した。
貴クラブでも有資格のライオンをこの役職に任命して頂きたい。
・ウェッブサイトにクラブのホームページを設けて維持する。
・クラブ内で電子メールを通してのコミュニケーション・システムを設け、クラブ外とのコミュニケーション・システムも設ける。
・インターネットを通して、月例会員報告書、A-1年次アクティビティ報告書、PU-101クラブ役員報告書、その他を提出する。
・協会の公式出版物、ニュースレター、名簿、その他多くのライオンズ情報を、インターネットを通して取り寄せる。
・ウェッブサイトのライオンズモールを通して、クラブ用品を注文し、他の種々の商品を買うよう、会員たちに助力する。
・コンピューターによるクラブ記録保持のシステムを開発する。
・他の斬新的活動に努める。
 どのライオンズクラブにとっても、コンピューターで業務を処理する方法並びに更に効果的なコミュニケーションを図る方法に、クラブを早急に推移させるよう導く情報テクノロジ委員長職は、大変役に立つ。

 まだ情報テクノロジー委員長を任命していない場合には、クラブのコンピューター関係業務を担当するこの委員長の任命を真剣に考慮して頂きたい。


ホームページと ライオンズの紋章

 現在如何なるシステムであっても国際協会ホームページは、国際協会が直接ウェッブサイトページに掲載します。
 地区やクラブがホームページを開設する場合は、著作権に関する2002年9月法律部々長の書簡を参照されたい。
 (ホームページ作成業者の方へもお知らせ◇全文は335複合地区ページ参照)


2002年9月
全ライオンズクラブ及び全地区御中

各地区及び各クラブには、日常の運営で「ライオンズ」の名称及び協会の紋章、その他のライオンズ・マークを使用したい、ということが多々あるでしょう。国際協会が各種ライオンズ・マークの登録商標所有者としてその義務を果たしていけるよう、又地区及びクラブがその恩恵を受けられるよう、ライオンズ名称、紋章、運営権に関する国際理事方針を、ここにお送り申し上げます。

理事会方針で認可される使用権の外に、便箋、会報、葉書、その他運営に必要な印刷物に「ライオンズ」の名称及び公式紋章を印刷する権限を、ここに地区及びクラブに認可致します。但し、この印刷物とは、国際本部のクラブ用品部を通して入手できない品物に限ります。(一般の人々に販売する品物につける紋章については、方針「b」項を参照のこと)。

この許可は、上記印刷物に限って適用され、本会計年度中のみ有効です。理事会方針により、上記以外の品物や、その他の事業又は活動に関連して紋章を使いたい場合には、国際本部のクラブ用品部又は国際理事会から正式に許可を得なければなりません。更に、添付致しましたウェッブページ認可の規定に従い、それぞれのウェッブページに使うクラブ名又は地区名と共にライオンズ名称及び紋章を使うことも、認可致します。

この認可が与えられる条件として、印刷業者が協会の紋章を印刷するにあたり、地区及び(又は)クラブは業者の紋章使用に対する全責任を負わなければなりません。

地区及び(又は)クラブは、印刷業者が使う写真、ネガ、プレート、アートワーク、その他一切の所有権及び管理権を保持し、協会の紋章及び「ライオンズ」の名称を使うことは、許可があった場合にのみ許され、更に地区又はクラブの印刷物にのみ使えることを、印刷業者に理解してもらわなければなりません。印刷業者との取り引き関係が終了した際には、地区又はクラブは、写真、ネガ、アートワーク、その他をすべて返してもらわなければなりません。

紋章に関する方針を尊重し、許可された枠内で慎重に行動して頂くことにより、商標登録法の下に課せられている義務を、国際協会は果たしていけるのです。この件に関するご協力を、よろしくお願い申し上げます。  
敬具 
事務総長兼幹事    
ゲアリーM.ラペティナ

国際協会検索 ネットワーク
ライオンネットは各国担当者のボランティアですが、国際協会公式リンクページ。
日本では335複合地区ネット管理者が LionNet JAPAN を制作管理しています。

↑マークをクリックしてご覧ください。
国内各地区クラブのホームページ掲載に合わせて、早い機会に各複合でライオンネットの拠点作りに取組みます。


ネットワーク の管理

◇日本国内にあっては、ライオンズ国際協会日本語版ホームページを、ライオン誌日本語版事務所が扱います。

◇クラブ・地区・複合地区の管理事項についてはインターネット委員会の心得を参照


プロバイダー の選び方

 インターネットの基本は相互通信、つまりメールやデータの通信です。メール契約者にホームページ用サーバーを貸出すのがプロバイダーとユーザーのシステムです。
メールアドレスが無いと、ホームページのアップロード(掲載)はできません。

 次章でもっと具体的にサンプル説明します。プロバイダーの選定にはいろんな品位条件があります。
1.バーチャルドメイン(独自のURLの預かり)は可能か
2.初期基本料金で何メガバイトのホームページが借りられるか
3.チャットや掲示板またはホームページのため cgi. ssi. などが自由に使用できるか、または使用認可が可能かどうか
 (この機能が無いか禁止になつているプロバイダーはチャットや掲示板が掲載できません)
4.AP(アクセスポイント)が同一市内にあるか、または最短距離の市外局番にあるか
5.ローミング(Roaming)サービスが受けられるか
 (このサービスが無いと海外に出張して、あなたのメールなどインターネットアクセスそのものができません)


電話回線 の選び方

現在安価なのはISDNデジタル回線で、取りあえず基本です。
他にケーブルテレビ回線、ADSL回線、光ファイバー通信、無線通信回線などブロードバンドがあります。
これからは伝送スピードの速さと送信容量から、光ファイバー通信、無線通信回線などが主流になります。


ライオンの プロバイダー

 世界的に見てもこの新しい通信メディアに、ライオンズメンバーが業者として直接参入してきました。
 日本でも1.コンピュータ製造または販売またはソフトウエア業 2.プロバイダー業 3.印刷関係図案アーチストからインターネットホームページ作成業 4.リンクなどページ管理業その他関連企業者など、多くのライオンズメンバーが派生しています。

98年11月には横浜フォーラム会場から、メンバーおよびこうしたメンバーの専門業の方たちとの連携により、インターネット現場ビデオ送信も(ライブ通信)行われました。

この作業は、3複合地区にわたるライオンズクラブの、共同ボランティア活動です。

写真は フォーラム会場インターネットブース


パソコン以外 の必要器材

◇必須
1.画面やデータのプリントアウト。カラーインクジェットプリンターの安価なもので可。
2.通信ソフトは一般販売機器に付属インストールされています。画像処理も簡単なものは付いてます。

◇ホームページ作成にあれば便利もの
3.文書や写真取り込みにスキャナー。
4.撮影用にはデジタルカメラまたはデジタルビデオ・それぞれソフトは付いてます。

◇インターネットに必要なソフト
5.殆どのインターネット閲覧ソフトは無料で、インターネットホームページから受け取れます。バージョンアップなども、同様にネット上で配信されますから取得してください。
6.高度な画像処理を望む場合は、多くのソフトが安価で市販されています。


インターネット 委員会の心得

 インターネットはクラブにとって、自前のテレビ局や新聞社と郵便局が、一所に常駐したとものと認識します。
 取材やページ作成に、ジャーナリスト的な面があります。読者はライオンズメンバー以外の一般の人々も対象になります。
 情報公開に関して情報の正確さや機密の保持、人権の尊重、国内法の遵守など、良識ある編集が望まれるのも当然と言えるでしょう。
 またインターネットに加入したときに付与された、メールアドレスに付帯したパスワード、通信アクセスに付帯したパスワードの管理も重要な事項です。万一これらの漏洩が分かったときは、速やかに 各パスワードの変更を行ないます。手続き方法はプロバイダーに尋ねてください。

 ホームページから派生するトラブルは、全て本人責任であることもお忘れなく。
 
次ページへつづく
トップページに戻る
 

ページの「無断転載禁止」

Internet Home Page OVERSEE  Lion Terakawa MD335 & 335-B