Multiple District 335
The 66th Annual Convention
地区ガバナー・年次報告

335-A地区

地区ガバナー 菟原義孝

今期、私はガバナーテーマーを「情熱」といたしました。

クラブ会長や地区の役員、委員会に活動に際し、物事に情熱をもって対処して頂きたいと訴えてまいりました。重点施策は以下の通りでその殆どを実施していただきましたことを報告します。

1.会員増強と維持(全クラブ純増2名以上)

 ライオンズクラブが健全な組織として機能するためには、必要最小限の会員数が必要です。

 近年減少する会員数に歯止めをかけなければなりません。若い方や女性を入会に導き、新旧の交代も

 進めねばなりません。クラブのGMT・FWTと共同で新人メンバーを発掘増強して下さい。

2.女性の会員増強

 地区GMT・FWT(会員維持・増強)委員会からFWTを独立した委員会にしました。

 女性の会員増強とともに、支部の結成、スペシャルテイクラブの設立の検討と実行を目出し

 活動頂きます。地区の女性会員の比率を30%に目標設定します。

3.次世代リーダーの育成

 次世代リーダーシップ研修会への積極的な参加を要請し、リーダーの発掘に努めます。

 ライオンのリーダーシップを育て上げる「ライオンズ・アカデミー」の実施により、過去の受講者を

 含め、ガバナーチームで相談して次期の地区委員会に推薦したいと思います。

4.奉仕事業の多様性

 クラブの継続アクテイビテイの加え、国際会長の主張する糖尿病、食糧支援(こども食堂)、

 環境、小児がん、視力などの支援事業の検討を促したいと思います。

5.LCIFキャンペーン100の実施と達成

 寄付金が最低50ドルになりましたが、会員一人当たり100ドルにして頂くようクラブで検討協議頂き、

 実施に向け頑張って下さい。またMJFについてもクラブで今一度説明会をもって寄付者を増やすよう

 お願いします。

 

ライオンズクラブ国際協会335複合ガバナー協議会

〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3 大阪駅前第3ビル14F 1411号室 TEL.06-6345-3135 FAX.06-6345-3137